1. HOME >
  2. 診療案内 >
  3. シニア検診

シニア検診


ワンちゃんやネコちゃんは私たちヒトと比べると
4倍のスピードで歳をとっていくと言われています
6~7歳からはシニア期と言われ
関節が弱くなったり内臓機能が衰えてきたり
様々な不調が発言する時期に差し掛かります
そのため当院では動物たちの健康を維持するため
病気の早期発見・治療を目的に
シニア検診をおすすめしております


DSC07512


料金について


¥30,000~

(動物種や病気により多少変動する場合がございます)

ご希望がありましたら獣医師と相談の上、追加で以下のような検査も行えます
●糞便検査 ¥2,000
●尿検査 ¥2,000
※ご自宅で便と尿を採っていただくことになります


予約について


●お電話または受付にてご希望の日にちをスタッフにご相談下さい
(休診日、日曜、祝日はお受けできません)
●基本的に日帰りの検査です、時間帯の12~16時の間に検査を実施します



当日のお預かり


●午前中の診察時間内(9~12時)にお預かり致します
●当日の朝ご飯は、いつもの半分にして下さい。お水はOKです
※詳しい胃や腸の検査が必要と判断された子には絶食をお願いする場合がございます
そのため検査後にご飯を食べていただきますのでフードをご持参下さい



検査内容


●一般身体検査
 体重測定・検温・聴診・触診などをして異常がないか確認します
画像
●血液検査  
 1~1.5mlほど採血して腎・肝のダメージや血糖値・甲状腺ホルモンなどの値を測定します
 (所要時間:採血は数秒で終わります)
DSC07503
●レントゲン検査  
 胸部・腹部を撮影します。骨の異常、各臓器の形や大きさ、腫瘍の有無を調べます
 ※動物を横にして撮影を行います
 (所要時間:撮影は数分で終わります)
画像
●エコー検査  
 心臓、胃腸、膀胱など各臓器の動きや血流を詳しく調べます
 ※動物を横にして検査を行いますが、負担を軽減するためタオルやマットを使用しております
 (所要時間:30~40分)
eko-
●便検査・尿検査  
 当日の便と尿をお持ちいただきます(便と尿を入れる専用の容器をお渡し致します)
 便検査→腸内細菌のバランスや寄生虫の有無を調べます。今まで一度もお受けしたことがない方におすすめです
 尿検査→潜血、尿タンパク、尿pHや結石の有無を調べます
※基本的に検査では麻酔を使用しておりませんが、その子の性格により全ての検査を実施できない場合がございますのでご了承ください



結果説明とお迎え


当日ご説明を受けることが可能です。午後の診察時間16~18時30分の間に再度来院下さい
説明には30分~1時間程お時間をいただく場合がありますので、早めの時間帯にいらっしゃることをおすすめ致します



お会計



検査結果の説明が終了した後にご精算していただきます。現金・各種クレジットでのお支払いが可能です